■COLUMN01 自然素材への取り組み■
    アトリエリーフでは、自然素材の採用を積極的に行っています。自然素材には独特
    の肌触りや質感があり、それらは経年変化しても美しく、味わいある空間が永く楽しめ
    ます。また、自然素材を使うことで、より健康で安全な、居心地のよい住環境をつくる
    ことができます。
    以下にご紹介しているのは、アトリエリーフの事務所(兼自宅)で取り入れたもの。
    息子のアレルギー症状(アトピー・喘息)の改善が主な目的でしたが、確かに効果が
    あったと実感しています。 〔 たてものブログの記事 「アレルギー」 も、ご一読下さい。 〕

    使用箇所や範囲については、施主さんのご意向やご予算やデザインなどを考慮しながら
    総合的に判断していきます。 ちなみに、これらを建物全体に適用すれば、いわゆる
    「健康住宅」 や 「無添加住宅」 と呼ばれる住まいが出来上がるのです。


 [内装材]

 基本的に住宅の床には、無垢の板材を使用する
 ことにしています。それは、人が常時触れる部分であり、
 素材の良さ(肌触り・柔らかさ・温かさなど)を最もよく
 体感できるからです。
 床以外にも壁や天井を板張りにするケースもあります。
 [内装材]

 ログハウスは「無垢の木」を1段ずつ互いに組みながら
 積み上げてつくる住宅です。ログハウスの場合は、この
 無垢の木が外装であり、断熱材であり、内装でもあるの
 です。
 「シックハウス」に悩まされている方々や、住宅をセルフ
 ビルドハーフビルドで建てたいという方々には、特に
 オススメです。
 [内装材]

 珪藻土の左官仕上げ(塗り壁)です。「珪藻土」とは、
 植物性プランクトンの化石で、調湿性・耐火性・断熱性
 などに優れ、コテで塗った表情には独特の味わいが
 あります。
 この他、「霧島壁」というシラス(火山の噴出物のひとつ)
 を主成分とした塗り壁を採用した事例もあります。

 [断熱材]

 羊毛を主成分とする断熱材です。調湿性が高いので、
 壁内結露による断熱性能の低下が起こりにくいです。
 また、有害物質の吸着や、抗菌・消臭効果も期待
 できます。

 [調湿材]

 床下に炭を敷き詰めた事例です。炭には調湿・防虫・
 有害物質の吸着・断熱効果などが期待できます。
 (麻袋に入ったタイプもあります。)
 [塗料]

 自然の植物油とワックスがベースの塗料です。
 浸透性で通気性もあるので木の良さを損ないません。
 カラーバリエーションも豊富で、色味も上質です。
 [塗料]

 「柿渋」という自然塗料です。昔ながらの塗料で
 値段も手頃です。着色には「べんがら」や「松煙」
 といった顔料を混ぜます。
 [活水器]

 水
道の引込み部分に取り付ける、強力な磁力を
 利用した活水器です。水のおいしさや、水そのもの
 の洗浄力を高める効果が期待でき、取替えのメンテ
 ナンス等は不要です。
 [暖房設備]

 薪ストーブ自体がが「自然素材」ということではないの
 ですが、木を燃やし炎を眺めながら暖をとるというのは
 自然で心地よいものです。
 暖房能力は、これ1台で家全体が温まるほどで、室内の
 空気も汚れず快適です。写真のタイプは下部にオーブン
 もついており、何かと重宝します。


BACK
Copyright 2003 atelier LEAF. All rights reserved.