■ 韮崎K邸 入居後レポート ■

 約4年ぶりにお邪魔しました。

 外観はこんな感じです。
 道路際の目隠し壁とデッキは、濃い目の
 色に塗り替えられ、より落ち着いた雰囲気
 になりました。 
 さらに、緑が成長して何だか風格も出て
 きたような・・・


   要所に無垢の木材を使った外観について、施主様からは、「ハウスメーカーさんの家などとは
   ひと味もふた味も違う趣きで、見るたびに良さを感じています。」 とのお言葉を頂きました。



   次に室内の様子です。
   こちらがリビングの吹き抜けです。(↑) 手すりに張られた落下防止のネットが、ライフスタイル
   の変化を物語っています。施主様の一番のお気に入りの空間で、この
高さと開放感がとても
   心地よく、寝る時以外はリビングで過ごされているそうです。

   日差しは軒でうまくコントロールされ、風通しも良いとのこと(当日もいい風が通っていました)。
   ただ、冬の北風は強くて遮るものがないため、風音が相当大きいそうですが・・・


   この御宅も含め、大きな吹き抜けでは「温度差」や「気流」をコントロールすることが、広い
   塗装面では「割れ」などを抑えることが求められます。 設計時には読みきれない面もあり
   ますが、個々の状況に応じた調整や改善を行い、設計に反映するよう心掛けています。


 床の無垢板も、いい色艶が出てきました。  2階のホールにはピアノが置かれ、上部の
 トップライトから、柔らかい光が注いでいました。
 この遊具の位置を見れば、デッキとリビングが
 一体的に使われているのが分かります。
 後日、施主様から頂いた「日常のひとコマ」です。
 デッキが活躍してますね。

すやすや〜

   訪問した際、デッキで出迎えてくれたお子さんが、途中からは、こんな(↑)風に・・・
   
「設計してよかった〜」 と思えるシーンでした。

   今後さらに、ライフスタイルは変化するでしょうし、南側や東側の隣地には、まだ家が建って
   いないので、周辺環境が変わる可能性もあります。そういった変化の中でも、居心地のいい
   住まいであり続けて欲しいものです。


<<施工レポートへ   レポートTOPへ>>
Copyright 2003 atelier LEAF. All rights reserved.