■ 大泉S邸 入居後レポート ■
 約2年ぶりにお邪魔しました。

 外観はこんな感じです。
 当初、壁面と同色に塗ったバルコニーが、
 味のあるいい感じに経年変化してきました。


 果たして室内は、どんな雰囲気になった
 でしょうか・・・?



   室内はこんな感じです。 
   いろいろなテイストの家具や小物類が置かれていますが、どれもケンカせず、空間に
   うまく納まっています。 施主様いわく、
「どんなものでも、この家には馴染むんです」 
   とのこと。 お気に入りは、視覚的に広々感じられるスキップフロアーと、開放感を
   演出する構造材現わしの天井やリビング南面の全開口サッシ。古材をはじめ、木部の
   質感が自然で心地よく、ご家族全員が、ほとんどこの2階で過ごされているそうです。


   玄関土間やデッキの広さ、収納量、客間 など、「もう少しあれば・・・」と思う部分もある
   そうですが、その多くは、コストやスペースとの兼ね合いなどで取捨選択されたもの・・・ 
   家づくりの難しい部分です。

 小物にもセンスの良さが現れています。  アンティークなミシンが電話台に。
 思わず、「ホップ・ステップ・ジャンプ!」 と
 跳ねたくなりそう
・・・
 どこでも、居心地よさそうです♪


   その他、水まわりの珪藻土は湿気や臭いが気にならず、浴室のFRPはメンテナンスが楽、と
   性能や機能面でも高い評価を頂きました。

   これから、お子さんが大きくなった時に、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できる家かどうか
   が試されますが、今後の「進化」が楽しみな住まいです。  

     
                

<<施工レポートへ   増築レポートへ>>
Copyright 2003 atelier LEAF. All rights reserved.